×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

喉が痛い

喉の痛みが起こる原因には、大きく分けて二つあります。ウイルスや細菌によって炎症を起こしているか(風邪やインフルエンザなど)、
のどを酷使(大きな声を出し過ぎた時など)したことによって炎症を起こしたために、喉に痛みを感じると考えられます。
どちらの喉に痛みも炎症ですが、炎症を起こす箇所や炎症の種類が異なり、対処法も違ってきます。
ウイルスや細菌が原因の場合、リンパが痛みを感じることもあります。
のどが痛いことはかぜの時によく経験することです。
鼻や口は外から細菌や、ウィルス、ほこりを吸い込みますが、体を守るために扁桃組織が活躍して、免疫力をだします。
この際に扁桃組織が腫れて痛みや発熱を起こすと考えてください。

喉が腫れている時

喉の腫れには、風邪のウィルスから来たものや、扁桃腺が腫れているもの、
生まれつきの気管支や鼻の粘膜の問題など喉の腫れの原因となるものは多岐にわたります。
一般的に喉が腫れるという表現で一番多いのが慢性咽喉頭炎でしょう。
慢性咽喉頭炎は、急性喉頭炎、急性咽頭炎などの「のど風邪」の状態が続いて慢性化することもあります。
また、鼻炎を起こして鼻水が喉に入り込んだり、タバコ、刺激性のガスなどからおこる場合や、
声を酷使したり食物アレルギーや糖尿病などから抵抗力が低下している場合にもおこります。
症状は喉の不快感、喉の奥の発赤と腫れ、せき、喉のリンパの腫れに白苔、喉につく白い粉が起こる事もあります。
喉の腫れを伴う慢性咽喉頭炎の治療方法は、炎症をおこしている原因を取り除くことです。
近年、抗生剤の乱用で抗生剤に感受性の少ない菌が増加しています。その有名な細菌がMRSAです。
普通の方がMRSAに感染して発病することは極めてまれでほとんど心配は要りませんが,適切な抗生剤の投与が重要です。
また、ウィルスに感染してのどが痛くなった時には抗生剤は無効です。ある種のものには特別な薬があり、有効とされています。
いずれにしても、うがいが最も有効な方法です。ちょっとかぜが流行っていると思われたら,手洗いとうがいをしましょう。

花粉症で喉が痛い時

花粉症で喉が痛い時は、家の中でも外でも注意が必要です。次のことに注意してください。
@花粉飛散情報の入手
Aマスク、メガネ、帽子で外出
B薬の内服、ステロイド剤のスプレー
Cコートや洋服を玄関ではたく
D手洗い、うがい、鼻洗い、洗顔
E洗濯物、布団をはたいて取り込む
F部屋の窓を出来るだけ閉めておく
G濡れぞうきん、掃除機でこまめに掃除
H空気清浄器の使用
I加湿器の使用
K寝るときマスクして寝る
L花粉症対策用品の活用
また 喉が痛い時にとる対応ベスト10
★のど飴をなめる ★トローチをなめる ★病院に行く ★噴射式の咽頭消毒薬をぬる
★加湿器をつける ★声を出さない ★マスクをして外出する ★塩水でうがいする
★緑茶・紅茶でうがいする ★ハチミツレモンを飲む ★生姜入りの飲み物を飲む
上記のことに注意して 普段過ごしてください。

Copyright © 2007 喉 痛い